ネットバンキングとはローンのこと?

ネットバンキングは、インターネットで借りられるローンのことだと思われる方が多いでしょうが、ローンとは関係ありません。
ネットバンキングとはネット銀行のことで、窓口での手続きをネット上で代行できるものです。
通帳に貴重するかわりに、専用ページに取引履歴が表示されます。
ネットバンキングには、通常の銀行サービスと同じものが用意されています。
定期預金、外貨預金、投資信託、個人年金保険、住宅ローン、カードローン、オートローン、その他です。
定期預金は通常の預金よりも金利が低くなる傾向がありますが、これはインターネット上で取引可能であるため、コスト削減ができるからです。
銀行という店舗が不要であるため、人件費の削減にもなり、削減したコストで金利引き下げを実現しているのです。
ネット上の銀行は不安だという方もいるでしょうが、大手銀行ならば何の心配もいりません。
ID・パスワードの取り扱いをしっかりとして、ウイルス対策を行っておけば問題ありません。
ネット取引は非常に便利なものであり、銀行に出向く時間がないときは、パソコンで振込依頼をすることもできます。
これはキャッシングによくあるサービスであり、振込キャッシングなどとも呼ばれております。
すぐにお金を借りたいけど、銀行まで遠い、または足がない、といった方もいるでしょう。
そのような方は、振込キャッシングを利用して、指定する口座に振り込んでもらうことができます。
ネットだからこそ可能となるメリットは大きいのです。