定率リボルビングシステムの仕組みを知ろう

定率リボルビングシステムとは、キャッシングやクレジットカードの利用代金の返済方法です。
そのうち、元金定率リボルビングシステムは、毎月一定の元金と利息の合計額が、借入額に対してあらかじめ定められた最低返済額になるよう計算する仕組みです。
キャッシングではあらかじめ審査で定めた利用限度額の範囲なら、何度でも借り入れができます。
また、クレジットカードの利用代金もリボルビング払いを選択して、全額返済しない間に買い物をすれば、利用代金は増えていきます。
そのため、毎月の返済日や代金支払日に際して、一定の時点で利用残高を確認し、毎月利息の計算をし直し、最低返済額も変更されることがあります。
そのため、前回の借り入れや買い物等の決済代金を全額返済しないうちに、次々に借り入れや利用をしてしまうと、いつまでも返済が終わらず、支払利息も大きくなる傾向にあります。
大きな買い物や高額の借り入れをしても、一定の最低返済額を返せばいいという意味では、使いやすく返済しやすいシステムと言えますが、利息が嵩んでしまうため、適用される利率に比べて、より高い買い物や借金になってしまうことが少なくありません。
そのためリボルビング払いの利用は、計画的な返済計画と収支計画を立てて行うことが大切です。
資金の余裕ができたら繰り上げ返済や、一括返済をするなどして、途中でリセットしながら使うことで、返済の手軽さと利息支払いの抑制ができます。