借入極度額の中の契約限度額とは何か

ローン契約をする際、借入極度額や契約限度額額という項目があります。
これは消費者が借りられる金額の限度を示した数字です。
ローン会社が融資できる金額は消費者の条件によって異なるため一概に幾ら借りられるということはいません。
そのため条件によって、30万円までという人もいれば50万円まで借りられるという人もいるでしょう。
それを踏まえて借入極度額と契約限度額ですが、極度額は借り入れできる額の最大の数字、限度額は借り入れできる額を少な目に設定した数字ということになります。
例えば、50万円が極度額として設定されているとすると、その内の30万円が限度額という仕組みになっています。
その時点で借りられる最大の額は30万円ですが、もしも融資額を増やしてほしいという時には最大で50万円まで増額してもらうことができます。
利点としては、極度額が設定されておらず限度額のみですと、それ以上に借りたい場合には再度別途契約をしなくてはならないため手間がかかりますが、極度額が設定されていれば、電話やネットから限度額増額の申請をして審査に通過できれば極度額まで増額してもらうことができるという点です。
ちなみに、極度額までなら絶対に増額してもらえるわけではありません。
先述していますが、審査があるため、この審査に落ちてしまうと増額は不可能ですし、返済の延滞や滞納が酷い場合には極度額や限度額が減らされてしまう可能性もあるので注意しましょう。